社会

本番へ熱気高まる - 「白狐おどり」に参加/「お城まつり」で披露

まつり本番に向けて合同練習に臨む津軽三味線同好会のメンバー=20日、大和郡山市洞泉寺町の源九郎稲荷神社 拡大

 大和郡山市の「お城まつり」(26日~4月9日)の会期中の主要イベントの一つ、時代行列・白狐(びゃっこ)お渡りで披露される、源九郎稲荷神社の「白狐おどり」の稽古が佳境を迎えている。地域住民が担当するお囃子(はやし)の三味線に、今年は奈良大学津軽三味線同好会のメンバーが参加。20日には同神社で初の合同練習が行われ、4月2日の本番に向けてしだいに熱気が高まってきている。

 同神社は歌舞伎「義経千本桜」の源九郎狐ゆかりの神社として知られる。白狐おどりの軽妙な節回しのお囃子は、笛と太鼓、三味線などの約30~40人で構成。しかし、地元のメンバーらの高齢化などで若い層への継承が必要となってきた背景もあり、同神社責任総代の中川国昭さん(76)と同大の千田嘉博前学長との交流から、今回同同好会が初めて加わることになった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド