社会

長寿祈る庖丁さばき - 椿鯉を奉納/奈良・護国神社 椿まつり奉告祭

境内で行われた庖丁式=20日、奈良市古市町の護国神社 拡大

 約1千種1万本のツバキが境内に咲き誇る、奈良市古市町の護国神社(宮田康弘宮司)で20日、「椿(つばき)まつり奉告祭」が営まれ、約140人の市民らが参列した。

 玉串奉てんなどの神事に続き、高円御流高円会(竹内智志代表)による庖丁(ほうちょう)式が執り行われた。魔を祓(はら)い、参列者の延命長寿の祈りを込めて「椿鯉(こい)」が奉納され、参拝者は庖丁さばきの妙技を真剣な表情で見守っていた。

 また境内では、大和椿盆栽会(日本ツバキ協会県支部)のツバキの盆栽展も実施。雑炊仕立てのツバキがゆの振る舞いも行われた。

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド