スポーツ

球場の感触を確認 - 智弁学園が甲子園練習/第89回選抜高校野球大会

甲子園練習で元気の良い掛け声とともにグラウンドに飛び出す智弁学園ナイン=甲子園球場 拡大

 第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間)の出場校による甲子園練習2日目は15日、兵庫県西宮市の甲子園球場で11校が行い、2年連続11回目の出場を果たした県代表の智弁学園は、午前11時からグラウンドに飛び出して約30分間練習に打ち込み、球場の感触を確かめた。

 福元悠真主将の掛け声で一斉にグラウンドに飛び出した選手らは、恒例により打撃練習は行わず、ボール回しからノックによる守備練習まで約20分間機敏に動き回った。その後、松本竜也、岩井文彦の2投手のほか、太田英毅内野手もマウンドに上がって力強く投げ込み、投手としての球場感覚を確認していた。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「須飼秀和ふるさとの詩」展の招待券

プレゼント写真
提供元:BBプラザ美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド