社会

県が「森トラスト」選定 - 最高級ホテル現実味/奈良公園・吉城園整備の優先交渉権者

優先交渉権者となった、森トラスト・グループから提案された吉城園周辺地区の整備完成イメージ 拡大

 奈良市の奈良公園内にある吉城園周辺地区(県有地、約3・1ヘクタール)にホテルや飲食施設を整備する事業で、県は14日、不動産大手の森トラスト(東京)のグループを優先交渉権者に選んだ、と発表した。進出するホテル会社などは未定だが、同社は県営プール跡地(同市三条大路1丁目)に米国のホテルチェーン、マリオット・インターナショナルとの提携によって最高級ホテル「JWマリオットホテル奈良」を建設しており、奈良公園内でも世界ブランドの最高級ホテルの進出が現実味を帯びてきた。

 県は、東大寺の西側に隣接する奈良公園内の吉城園のほか、知事公舎や旧副知事公舎、旧青少年会館、国際奈良学セミナーハウスなど、約3・1ヘクタールの県有地を事業者に貸し出し、ホテルや飲食施設を建設する整備事業を計画。昨年12月から事業者をプロポーザル方式で公募していた。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド