社会

「三勅祭」の春日祭 - 陛下の御祭文を奏上/春日大社

参道を進む天皇陛下からの御幣物=13日、奈良市春日野町の春日大社 拡大

 奈良市春日野町の春日大社で13日、1100年前から続く例祭「春日祭」が営まれた。

 申(さる)祭とも呼ばれ、天皇陛下の使者・勅使(ちょくし)を迎える葵祭(京都市)、石清水祭(京都府八幡市)と並ぶ「三勅祭」の一つ。

 午前10時ごろ、勅使を務めた宮内庁掌典職の唐橋在倫さんら一行が参籠所の斎館を出発。二の鳥居をくぐり祓戸神社で身を清める儀式が営まれた。

 今回は藤原姓以外の人が勅使のため、一行は南門から幣殿へ。勅使は副使の「辨(べん)代」とともに魚や穀物などを黒木の棚に載せてカシワ葉のふたをした「御棚神饌(みたなしんせん)」を運び、本殿に供えた。続いて、天皇陛下から御幣物が奉じられ、陛下のお言葉を記した御祭文が奏上された。

 この日は雨模様のため、幣殿で同大社に伝わる「和舞(やまとまい)」を奉納。勅使が禄として受けた真綿を肩に掛け、喜びを表す「拝舞(はいぶ)の作法」を行った。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド