総合

魂の音 奈良、祖父へ - 近隣住民楽しむ/奈良少年刑務所で山下洋輔さん演奏

ロマネスク調様式の表門(正門)を背景に演奏する山下洋輔さん=11日、奈良市般若寺町の奈良少年刑務所 拡大

 3月末で閉鎖が決まっている奈良少年刑務所主催のピアノコンサートが11日、奈良市般若寺町の同刑務所の中庭で開かれた。招待された近隣住民約800人が山下洋輔さん(75)のジャズピアノに聴き入った。山下さんは「こんなに朝早く弾くのは初めて」などと、曲の合間にトークを交えながら、「ゆずり葉の頃」や、奈良をイメージした「やわらぎ」、「ラプソディ・イン・ブルー」など数曲を弾いた。参加者は中庭に響き渡るピアノの音色に酔いしれていた。

 同刑務所は、明治時代に日本の国力(文化度)を世界にアピールするために造られた「明治の五大監獄」のひとつで、先月国の重要文化財に指定された。レンガ造りの美しい建物は、山下さんの祖父の山下啓次郎さんが設計した建物。その縁で今回のコンサートが実現した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介