社会

木造維摩居士坐像、国宝へ - 木簡も初指定/文化審答申

国宝指定が答申された法華寺の木造維摩居士坐像=文化庁提供 拡大

 国の文化審議会は10日、法華寺(奈良市法華寺町)の木造維摩居士坐像(ゆいまこじざぞう)を国宝に指定するよう松野博一文部科学相に答申した。県内の美術工芸品の国宝は138件になる。このほか、県関係では平城宮跡(奈良市佐紀町)から出土した奈良時代の木簡3184点と、東大寺山古墳(天理市櫟本町)の出土品417点の国宝指定も答申。いずれも近く答申どおり指定される。

 木造維摩居士坐像は像高90・8センチ。興福寺の最も重要な法会だった「維摩会」が一時、法華寺で営まれていた奈良時代後半(8世紀後半)に造立されたと考えられる。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド