総合

鳥獣に生飯施し - 食作法/お水取り2017

食堂の出口から生飯投げを行う練行衆=奈良市雑司町の東大寺 拡大

 連日連夜、練行衆が厳しい行に取り組む東大寺二月堂の修二会(お水取り)。練行衆の消耗は体力、気力ともに激しいが、本行中の正式な食事は1日に1度だけ。「食作法」と呼ばれる行の一部であり、参籠宿所横の食堂(じきどう)で祈りとともに食べる。

 そのさなか、食堂西正面の扉が突然開き、顔を出した法要進行の補佐役「堂童子」が「洗いくも」と叫んですぐに閉める。「洗い湯をくもう」との合図で湯が食堂へ持ち込まれる。修二会は食事の時でさえも、古い習わしが生きる。終了後は、紙で包んだご飯を鳥獣に施す「生飯(さば)投げ」がある。南側の出口から出た練行衆が、「閼伽井(あかい)屋」の屋根に向かって投げる。ただし、今年初めて行にこもった「新入(しんにゅう)」の練行衆は、本行前半の「上七日」には行わないのが習わしだ。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド