総合

土筆お目覚め 春あちこちに - きょう啓蟄

啓蟄を前に頭を出し始めたツクシ=3日、奈良市法蓮町の不退寺 拡大

 きょう5日は二十四節気の一つ啓蟄(けいちつ)。

 暦の上では、暖かくなり、冬ごもりをしていた虫がはい出てくるころとされ、春の季語。ひと雨ごとに気温が上がり、市場では山菜などの春の食材も並び始める。

 奈良市法蓮町の不退寺では、境内のツクシが顔を出し始めた。ツクシはシダ植物のスギナの胞子茎。伸び始めは全体が袴(はかま)と呼ばれる葉に覆われ、その形が筆に似ていることから「土筆」という文字になったともいわれている。

 今はまだ、指先ほどの大きさしかないが「気温が上がるとともに成長していくでしょう」と同寺。

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「須飼秀和ふるさとの詩」展の招待券

プレゼント写真
提供元:BBプラザ美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド