総合

拠点病院の整備進む - 医療~成果と課題/端境期の超克へ(3) 平成29年度県予算案から

平成30年春の開院へ向け、建設が進む新県総合医療センター。写真は病室が全て南側に配置される病棟(今年1月下旬時点、県提供) 拡大

 県施策のうち、医療は、荒井正吾知事が就任して以来の10年間で最も進んだ分野の一つだ。「妊婦搬送事件」に端を発し、切れ目のない医療の提供と、県民が安心できる体制の構築を掲げた拠点病院の整備も進んできた。

 昨年4月には南和広域医療企業団による南奈良総合医療センター(大淀町福神)が開院。今年4月1日にリニューアルオープンする五條病院(旧県立五條病院、五條市野原西5丁目)、吉野病院(旧国保吉野病院、吉野町丹治)とともに、「南和の医療は南和で守る」体制が整う。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

人気小説「利き蜜師物語」の最終巻

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド