考古学

謎の寺院から大量瓦 - 薬師寺と同范型も/奈良の平松廃寺

平松廃寺から見つかった軒丸瓦(右)と、薬師寺で使用された同范瓦=奈良市大安寺西2の市埋蔵文化財調査センター 拡大
平松廃寺で出土した田中廃寺の同范瓦=同 拡大

 奈良市平松3丁目周辺などにあった古代寺院跡・平松廃寺で、同市埋蔵文化財調査センターが初めて寺域内の発掘調査を行い、7世紀後半から8世紀初の大量の瓦が見つかった。これまでも採集されていた田中廃寺(橿原市田中町)と同じ「范(はん)型」で作った瓦のほか、薬師寺(奈良市西ノ京町)と同じ軒丸瓦も初めて出土。寺名さえ分からない謎の寺院の解明に向け、貴重な資料になりそうだ。出土瓦は、同市大安寺西2丁目の同センターで開催中の春季発掘調査速報展で展示している。

 平松廃寺は昭和10年、周辺で大量の古代瓦が見つかったことで発見。平城京条坊の「右京四条四坊十二坪」に位置するが、文献史料などには該当する寺院がなかった。平成7年には寺域周辺で藤原京にあった田中廃寺の同范瓦が出土。蘇我氏の一族、田中氏が建立したとされる同寺が、平城遷都時に移建されたとする説もある。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド