考古学

被葬者議論が過熱 - 小山田古墳

小山田古墳から出土した、築造年代の上限を示す軒丸瓦の破片=1日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所 拡大

 明日香村川原の小山田遺跡は、飛鳥地域最大の方墳と判明、遺跡名が「小山田古墳」と改称された。盛り土からの瓦片の出土により、築造時期も7世紀中ごろに絞られ、「被葬者は誰か」の議論がますます注目されそうだ。研究者の間では、舒明天皇(641年没)の初葬墓と、蘇我蝦夷(645年没)の墓で見解が二つに分かれている。

 日本書紀によると、舒明天皇は642年に「滑谷岡(なめはざまのおか)」に葬られ、翌年に「押阪陵」に改葬された。押阪陵は宮内庁が舒明天皇陵に定める段ノ塚古墳(桜井市、八角形墳)が確実視されている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

コーヒーフレッシュ20袋セット

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド