考古学

飛鳥で最大の方墳 - 1辺70メートル、築造640年代/小山田古墳

羨道部の石材の抜き取り穴(写真手前と奥)。その間からは石組みの地下排水溝も見つかった=1月15日撮影、明日香村川原の小山田古墳 拡大

 平成27年1月に石を貼った巨大な掘割が見つかった明日香村川原の小山田遺跡(7世紀中ごろ)で、横穴式石室の痕跡が見つかり、県立橿原考古学研究所が1日、発表した。これまでの調査成果も踏まえると、墳丘規模は1辺約70メートルに復元できる。橿考研は「飛鳥地域最大の方墳であることが確定的になった」とし、遺跡名も「小山田古墳」に変更する。

 墳丘南端部を確認するため、県立明日香養護学校の敷地南端部の約57平方メートルを発掘調査した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「リカちゃんからのお手紙」の申し込みクーポン券

プレゼント写真
提供元:イクスネット
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド