社会

書紀の舞台、眼前に - 現地説明会に1200人/飛鳥寺西方遺跡

担当者の説明に耳を傾けて建物跡などを確認する参加者=26日、明日香村飛鳥の発掘現場 拡大

 日本書紀に登場する「槻(つき)の木の広場」と推定され、7世紀後半以降の建物跡が見つかった、明日香村飛鳥の飛鳥寺西方遺跡で26日、現地説明会があり、県内外の古代史ファンら約1200人(主催者発表)が訪れ、1300年前の光景に思いをはせた。

 村教育委員会の調査担当者が、新たに見つかった柱の並びや、過去の調査と合わせて総延長75メートルになった石組溝の構造などを解説。「柱穴の掘り方はかなりしっかりしている。高く頑丈な物見やぐらのような建物がイメージできる」と話した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

コーヒーフレッシュ20袋セット

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド