考古学

埴輪普及以前に築造か - 墳丘覆う葺石確認/天理「ヒエ塚古墳」

ヒエ塚古墳の周濠(手前)や基底石(調査員が指差している部分)などが確認された=16日、天理市萱生町 拡大

 大和古墳群の一つで、天理市萱生町にある前方後円墳「ヒエ塚古墳」(全長130メートル)で、周濠(しゅうごう)や墳丘を覆っていた葺(ふき)石が確認され、同市教育委員会が16日、発表した。同古墳は平成25年度の調査で埴輪(はにわ)が出土せず、今回も見つからなかったことから、埴輪が普及する前の古墳時代前期前半(3世紀後半~4世紀初め)に築造された可能性が高まった。

 ヒエ塚古墳は東西に軸を持つ古墳で、後円部北側で南北に幅2メートル、長さ29・5メートルの調査区を設けた。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド