総合

奈良市が調整役に - 三者協議へ基準作り/開発での住民と業者の紛争

 開発に伴う近隣住民と業者のトラブルなど、増加する“紛争”への対応策として、奈良市は来年度から、当事者双方の間に市が入る形で「三者協議」を開き、斡旋(あっせん)、調整に乗り出すことになった。意見が折り合わず「不調」に終わるケースも想定されるが、「行政が介入することで、スムーズな話し合いができる環境を整える」(中原達雄・市開発指導課長)のが狙い。現在、基準(内規)づくりを急いでおり、4月以降の運用開始を目指す。

 民間開発による住民と業者の紛争は近年、市内でも頻発。解決に向けた仕組み作りについて市民から多くの意見、要望が寄せられており、市議会も共産党が同問題を取り上げ、市に対応を求めていた。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド