総合

鬼と炎、大暴れ - 長谷寺で「だだおし」

大たいまつとともに暴れ回る鬼=14日、桜井市初瀬の長谷寺 拡大

 桜井市初瀬の長谷寺(田代弘興化主)で14日、鬼追いの伝統行事「だだおし」が営まれ、多くの参拝者が鬼と大たいまつの迫力に見入った。

 人々のけがれを払う修二会の締めくくりの儀式。法要の後、太鼓やほら貝が鳴り響くと赤、青、緑の3匹の鬼が登場。牛王札を手にした僧侶たちにより、お堂の外へ追い出された鬼たちは、燃え盛る大たいまつとともに本堂回廊を駆け回った。火の粉を散らしながら散々暴れた後、たいまつを捨てて退散した。

 大たいまつの燃え残った炭は無病息災などのご利益があるとされ、参拝者は大切に持ち帰っていた。

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド