総合

3月議会で進退表明 - 新年度予算は抑制型/仲川奈良市長

 任期満了(7月30日)まで残り半年を切った奈良市の仲川元庸市長(40)は14日、注目される自身の進退について、今月28日に開会する市議会3月定例会の中で表明する考えを示した。さらに同定例会に提出する来年度予算案に関して、昨年10月の会見で示していた「通常規模になる」との見通しを、「新規の項目は盛り込まない。事業総量で言えば抑制型になる」と言い換えた。

 仲川市長は、この日の定例会見で、進退について問われ「結論はまだ出していない」とした上で、「3月議会は新年度の事業に関わる議案審議が中心になる。夏には選挙もあり、その辺りが私にとってどうするべきか、考え方を述べる時期としてふさわしいと思う」と話し、意思表明する考えを示した。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド