総合

国に法改正を要請 - 東部など上下水道コンセッション/奈良市企業局

 上下水道を管理運営する奈良市企業局(池田修公営企業管理者)が、市東部など中山間部で導入を目指すコンセッション(運営権譲渡)で、住民の理解につながるよう、国に法改正などを求めていることが13日、分かった。官民共同出資会社(第三セクター)を設立する際、現行の水道法では企業局が事業権をいったん放棄、その上で新会社が運営権を取得するプロセスが必要になる。このため池田管理者は「市が水道事業のサービスを提供する責任を放棄するとの懸念を(地元が)抱きかねない」と指摘、国に対応を求めていく。

 同日開かれた市議会建設企業委員会(松石聖一委員長)で、土田敏朗(自民党)、今西正延(奈良未来の会)、藤田幸代(公明党)、松石氏(無所属)の4氏がただした。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド