総合

砂の雨 実り約束 - 広瀬神社「お田植え祭」

砂をかけ合って楽しむ田人と参拝者ら=11日、河合町川合の広瀬神社 拡大

 河合町川合の広瀬神社(樋口俊夫宮司)のお田植え祭「砂かけ祭り」(県無形民俗文化財)が11日、同神社境内であり、参拝者らが砂をかけ合って1年の幸せを願った。

 拝殿や境内を田んぼに見立て、苗代作りから田植えまで米作りの作業を境内で再現。境内で行われる「庭上の儀」では、田人と牛役の男性がスキなどの農具を使って砂をまいた。

 砂は雨のたとえで、砂かけが激しいほど雨に恵まれて豊かな実りが訪れるとされる。ゴーグルやレインコートで防備した子どもらが田人らを追いかけ、豪快な砂かけ合戦を繰り広げた。

 奈良市の男性(63)は「二度目だがやはり面白いし、由緒ある神社の祭りだと感じます」と楽しんでいた。

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド