総合

県、後継樹100年計画 - 苗木補植、検証/春日山原始林

 世界遺産の春日山原始林(奈良市、約298ヘクタール)の保全・再生に関する取り組みで、県は、ナラ枯れや鹿・イノシシなどによる被害、外来種(ナンキンハゼなど)の侵入などで失われた照葉樹林の樹木を補う「後継樹育成」について、これまでの実験・試行を踏まえた具体策の新たな方向性を打ち出した。種子採取から3~7年後に苗木の補植を試行。30年後には検証を経て補植計画を進め、100年後に原始林の価値の修復を達成しようという長期構想だ。

 後継樹育成は、ナラ枯れなどで胸高直径80センチ以上の大径木が倒れた後にできるギャップ(小規模の空間)を埋める手法の確立が課題。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド