総合

最終盤なお混戦模様 - 橿原市議選あす投票

 任期満了に伴う橿原市議会議員選挙は、あす5日に投票、即日開票される。定数24に対して現職20人、新人8人、元職1人の計29人が立候補、激戦を繰り広げている。選挙実績のある現職が票固めを進めるが、切り込みを狙う新人も追い上げており、当落線上では最終盤を迎えて、なおも混戦の様相を呈している。

 現職では、公明党の亀甲、森下、大北、成谷が強固な組織票を背景に優位に展開。前回、前々回トップ当選の大保は民進党支持を得て3連続を目指す。同党の松尾も上位キープを狙う。自民党の細川と奥田英、樫本は、平成27年10月の橿原市長選挙以降、分裂状態にある党内の影響がどう出るか。杉井、槙尾、小川、奥田寛はベテランらしい着実な戦い。竹田裕と高橋は地元を中心に手堅く、共産党の竹森や西川も党支持層を固める。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド