社会

平均倍率は4.12倍 - 最高は橿原学院(普通科・特進)/県内私立高出願状況

 県私立中学高等学校連合会は2日、県内私立高校(全日制)の平成29年度入試の出願状況(1月31日午後5時現在)を発表した。前年度より20人多い14校2790人の募集人員に対し、同639人増の1万1508人が出願。平均倍率は前年度(3・92倍)よりやや高い4・12倍となった。14日から出願が始まる育英西B日程を除き、出願を締め切っている。

 最も倍率が高いのは橿原学院(普通科・特進)の16・98倍。奈良大学付属(普通科・特進)13・72倍、奈良学園(普通科・理数)の10・40倍、奈良育英(普通科)10・14倍、西大和学園(普通科・東大、京大、国公医)6・23倍と続く。定員割れは橿原学院(美術科)のみ。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介