社会

色、様式の変遷確かめて - 各時代の装束40点復元/31日まで犬養万葉記念館で「古代衣裳展」

古代の復元衣装の数々が展示されている会場=明日香村岡の犬養万葉記念館 拡大

 犬養万葉記念館(岡本三千代館長)の新春特別企画「古代衣裳展」が、明日香村岡の同館で開かれている。31日まで。

 万葉衣装研究家の山口千代子さんが飛鳥、藤原京、奈良の各時代、各年代の装束約40点を復元して公開。三つの時代の中で変遷する、衣装の色や様式などが比較できる内容となっている。

 このうち、推古天皇11(603)年制定の冠位十二階の復元衣装は、同30(622)年制作の中宮寺「天寿国曼荼羅繍帳(まんだらしゅうちょう)を参考に作られた。

 また高松塚古墳の壁画から復元した衣装は、女官だけでなく、男性の装束も制作されている。

 岡本館長は「古代の衣装は非常にカラフル。奈良時代にさらに模様や装飾品が加わり、豪華になっていく様子を確かめてほしい」と話している。

 入館無料。午前10時から午後5時開館。水曜休館。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド