社会

笑顔でほっぺ赤々と - 食べ放題で楽しめる/あすかいちご狩りパーク開園

大きなイチゴを見つけて喜ぶ園児=11日、明日香村檜前の尾上農園 拡大

 奈良が生んだイチゴの品種「あすかルビー」を食べ放題で楽しめる「あすかいちご狩りパーク」(石田裕彦会長)の開園式が11日、明日香村檜前の尾上農園で開かれた。

 14年目を迎えた同パークは、村内の14農園で開園。全農園がイチゴに土が付かない高設棚を採用し、立ったまま収穫できるのが好評だ。昨年は約4万3400人が訪れた。

 開園セレモニーでは、地元の村立明日香幼稚園の年長児約20人がイチゴ狩りを体験。赤く実った大きなイチゴを口に運んでは、「おいしい」と歓声を上げた。

 石田会長は「昨年10月の暑さの影響で、株ごとで生育にばらつきがあるが、甘さは例年と変わらずおいしいイチゴができている」と話している。

 期間は5月28日まで。土・日曜と祝日に営業。2月8日以降は水曜も開園する。開園時間は午前10時から午後4時。30分間食べ放題で、料金は中学生以上1500円、小学生1200円、幼児800円。完全予約制。

 予約、問い合わせは、同パーク予約受付係、電話0744(54)1115。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

コーヒーフレッシュ20袋セット

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド