総合

今年も笑顔で福来る - 南市恵比須 初えびす

吉兆ササを授与する福娘=5日、奈良市南市町の南市恵比寿神社 拡大

 奈良市南市町の南市恵比須神社で5日、初えびすが営まれ、商売繁盛などを願う大勢の参拝者でにぎわった。

 地元自治会などでつくる南市町戎講が毎年開催。福俵などの縁起物を付けた約3200本の吉兆ササを用意して福娘6人が参拝者に授与した。

 また今年は拝殿前につり下げた鈴を新調。これまでの鈴よりもやや小ぶりだが、寒い中を行列する参拝者のことを考えて1個から2個に増やした。

 同神社は春日大社(同市春日野町)の末社で事代主命を祭る。鎌倉時代に南市が開かれて以来、市場の守護神として栄えてきた。

 南市町自治会の高田恵子会長(79)は「今年はみんなが無事に過ごせて、景気が良くなれば」と願っていた。

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド