社会

社会保障と財政両立 - 知事年頭会見

 荒井正吾知事は4日、年頭の会見を行い、これからの県政運営について、医療・介護など社会保障の充実と財政の両立が大きな課題になるとし、消費拡大や県内にある滞留資金の循環など、地域経済対策に一層工夫を凝らす姿勢を示した。荒井知事は全国的に地方の予算が厳しくなっているとした上で「社会保障を充実させようとすれば財政を圧迫する傾向があり、やりくりが大事だ。消費税が上がらないのが財政圧迫の原因とも思うが、消費税を上げると経済を傷めるというのも定説」と述べ、政府の消費税率引き上げのタイミングを注視するとした。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド