社会

県内でアライグマ捕獲数急増 - 昨年度千匹超 農作物に被害/北西部から出没範囲拡大

県内で目撃されたアライグマ(県提供) 拡大

 農作物への被害をもたらす特定外来生物のアライグマの捕獲数が県内で急増している。平成14年度に県内で初めて捕獲されて以降、捕獲数は近年右肩上がり。昨年度は1112匹も捕獲されており、本年度も1000匹を超える見込みだ。農作物被害が相次いでいるほか、奈良市や生駒市など県北西部に集中していた出没範囲が拡大している地域もあり、農家らが警戒を強めている。

 県景観・自然環境課によると、アライグマは北米産で、体長40~60センチ。昭和50年代に人気アニメの主人公として人気を博し、ペットとして国内に大量に輸入された。その後、捨てられるなどして野生化。輸入や飼育を禁止する「特定外来生物」に指定されている。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド