総合

戦いの構図見えず - 区割り改定も見据え/選挙展望2017

 安倍晋三首相が年明けの衆院解散、総選挙を見送る意向を示した中でも、与野党ともに県内でも臨戦態勢を解かない状況が続く。衆院小選挙区の区割り改定も見据え、次期衆院選の時期をめぐって予測が飛び交う。県内でこれまでに各党などが擁立を決めた衆院選小選挙区(4選挙区)の候補予定者は、自民党=現職3人と元職1人、民進党=現職1人、日本維新の会=新人1人、共産党=新人4人の計10人。戦いの構図は固まっていない。

 県内4選挙区で名乗りを上げているのは、1区が自民党元職の小林茂樹(52)、民進党現職で党県連代表の馬淵澄夫(56)、日本維新の会新人の吉野忠男(57)、共産党新人の井上良子(53)の4氏。激戦が予想される選挙区で、昨夏の参院選における「野党共闘」の実績を踏まえ、民進、共産両党間の候補者調整に含みを残す。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド