総合

事業者公募始まる - 来春に交渉権者/旧高畑町裁判所跡地

 奈良市高畑町の旧高畑町裁判所跡地(1万3000平方メートル、県所有)に宿泊施設を整備する計画で、県は26日、公募型プロポーザルによる民間事業者の公募を始めた。同跡地は、明治から大正期に山口財閥の別邸が建てられていた場所で、志賀直哉や武者小路実篤ら文化人が交流を深めた名勝地。ホテルや飲食施設などに貸し出し、活用を図る。若草山も一望できる好立地で、県が来年度から茶室を再現するなどして風情豊かな空間にする。

 裁判所跡地は興福寺塔頭(たっちゅう)の松林院が明治の廃仏毀釈(きしゃく)で廃寺となり、その後、旧山口銀行(現三菱東京UFJ銀行)を経営する山口財閥が別邸として所有。茶室、庭園があり、多くの文豪、茶人の交流の場になっていたという。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド