総合

「酉」もうすぐ出番 - 赤膚焼 制作大詰め/師走2016

年末に向け制作の追い込みにかかるニワトリの絵が描かれた赤膚焼の茶わんや絵皿=奈良市赤膚町の赤膚焼元窯古瀬堯三さん方 拡大

 奈良市赤膚町の赤膚焼元窯古瀬堯三さん方で、来年の干支(えと)酉(とり)の絵皿や茶わんの制作作業が終盤を迎えている。

 古瀬さんは毎年、歌会始の題をテーマに制作。今年は「野」が題で、絵皿や茶わんには野菊をあしらい、白いニワトリや松、難を逃れるナンテンと組み合わせている。

 奈良らしい七宝模様にニワトリを組み合わせた茶わんやニワトリをかたどった香合も。

 古瀬さんは「今年は例年より遅くスタートしたため年末いっぱいまで作業します」と話している。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド