総合

住民ら計画中止期待 - 許可阻止へ全力/高取産廃処分場

 地元住民らが、平成24年12月ごろから反対運動を続けている高取町丹生谷の産業廃棄物処分場建設で、新たな動きが出てきた。建設を計画する御所市の産廃処分会社が用地を買収する際、公園整備などと虚偽の説明をしたとして、奈良地裁葛城支部は今月20日、一部の売買契約を取り消すよう命じる判決を言い渡した。反対派住民は「これで産廃処分場の建設を諦めるだろう」と期待する一方で、「県にも処分場の設置を許可しないよう訴える」と気を引き締めている。

 同訴訟の原告は、地元に住む土地所有者の1人で、配置薬販売業の吉村博さん(84)。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド