総合

年度内にこだわらず - 市長、選挙優先か/奈良市新斎苑

 奈良市の仲川元庸市長は22日、定例の記者会見で、同市横井町の山林を計画地とする新斎苑(火葬場)整備の関連予算が12月定例市議会で成立したのを受け、改めて「どこに造るか60年間続いた議論。その行程が一つ乗り越えられた」との見方を示した。今回、共産党の賛成を取り付けて形勢逆転を図った仲川市長。予算成立は事業推進に弾みとなるだけでなく、来年7月30日に2期目の任期が満了する同市長にとって「大きな成果」を示すことにもなる。

 予算の成立は「横井町山林は適地ではない」として見直しを迫る自民党や奈良未来の会の主張を退ける結果となった。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド