経済

取扱量拡大へ9戦略 - 基本機能を強化 将来ビジョン案/県中央卸売市場運営協

将来ビジョンの戦略骨子案が示された協議会の会合=28日、大和郡山市筒井町の同市場管理棟 拡大

 県中央卸売市場運営協議会の会合が28日、大和郡山市筒井町の同市場管理棟で開かれ、同市場の将来ビジョンの戦略骨子案が公表された。平成37年の青果物取扱量は27年比6・1%増の15万7000トン、水産物は同12・5%増の1万8000トンとの目標数値を設定。その実現のために、(1)市場の基本機能の強化(2)新しい形の市場経営と活性化(3)市場の社会的役割の発揮―の3分野で、奈良市場ブランドを活(い)かした販売力の強化▽ストックを活用した食・観光産業拠点の形成▽食の情報発信機能の強化―など九つの戦略を実施するとした。このほか、将来ビジョンは28年度中に策定され、29年度以降に土地利用などの基本構想が検討される予定。

 同協議会は学識経験者や県議会議員、流通関係代表、市場関係者で構成。会合にはメンバー18人中17人が出席し、22年7月以来、6年ぶりに開かれた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド