社会

見えた国家誕生の儀式 - 元日朝賀知る手掛かり/藤原宮

藤原宮で幢幡を立てて行われた元日朝賀のイメージ(画・早川和子さん) 拡大

 日本最初の本格的な律令法典「大宝律令」が完成し、当時の先進国・中国の唐とも肩を並べた国家の誕生を祝う儀式として行われた大宝元(701)年の元日朝賀。橿原市高殿町の藤原宮跡で見つかった幢幡(どうばん)の設置跡は、セレモニーの様子を具体的に知る手掛かりとなりそうだ。

 「続日本紀」によると、大宝元年の元日朝賀には文武天皇が大極殿に出御。年始のあいさつをする官人に交じって新羅からの使者も整列した。同書は「文物の儀、是に備れり(学問・芸術・法律などすべてが整った)」と高らかに宣言する。

 このとき初めて立てられたのが7本の幢幡だ。三足烏(がらす)をかたどった烏(う)形の幢を中心に、日・月像、四方の守護神・四神像で構成。従来の儀式とは違った雰囲気を演出した。幢幡はその後も天皇の即位式や元日朝賀で使用され、形を変えながら江戸時代末まで宮廷儀式に残った。

 今回の遺構について、寺崎保広・奈良大学教授(日本古代史)は「旗ざおの跡となれば、続日本紀の記事に該当する可能性が高い。幢幡に関する最古の例でもあり、重要な遺構になる」と評価。

 木下正史・東京学芸大学名誉教授(考古学)は「法治国家や元号制などがそろった年に象徴として行われたのが元日朝賀。今回の遺構は日本国誕生の場面がよみがえる発見」と話す。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

上野耕平サクソフォンコンサート招待券

上野耕平
提供元:学園前ホール
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介