考古学

元日朝賀で旗設置か - 続日本紀に一致/藤原宮跡

幢幡の設置跡が見つかった藤原宮跡。立っているのは幢幡の復元品=16日、橿原市高殿町の藤原宮跡 拡大

 橿原市高殿町の藤原宮(694~710年)跡で、大宝元(701)年の元日朝賀の際に用いた旗「幢幡(どうばん)」を立てたとみられる柱穴7個が見つかり、奈良文化財研究所が27日、発表した。律令国家の完成を祝う儀式の威厳を高めるために初めて設置されたもので、同研究所は「律令国家の儀式の整備過程を明らかにする上できわめて重要な成果」としている。

 大極殿院南門の南側、朝堂院朝庭の北端部870平方メートルを調査したところ、三角形状に配置された3個の大型柱穴を検出した。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド