考古学

法隆寺?の木簡8点 - 最古級の7世紀伝来

冒頭に「月生」の文字があり、7世紀後半にさかのぼること分かった法隆寺献納宝物の木簡(左は赤外線撮影)=東京国立博物館蔵 拡大

 東京国立博物館(東京都)と奈良文化財研究所(奈良市)は22日、同館所蔵品の中から7世紀後半のものを含む木簡8点が見つかったと発表した。法隆寺(斑鳩町)に伝来し、皇室に献納された法隆寺献納宝物の一部とみられ、土中に埋まることなく伝わった木簡としては最古級という。8月23日から9月19日まで、東京都国立博物館宝物館で公開される。

 木簡は長さ約20~30センチ、幅約2~4センチで、「幡(ばん)」と呼ばれる仏教の儀式で用いた旗の芯板(横木)に転用。明治時代の法隆寺献納宝物の記録に「幡木材片 壱括」との記載があり、宝物の一部とみられる。

 今年2月、東京国立博物館と奈良文化財研究所が共同で調査。うち1点に7世紀後半の資料でのみ登場する「月生(つきたちて)」という日付を記す際に用いる用語の記述があることから、同時期の木簡だったことが分かった。他も字体などから同時期にさかのぼる可能性があるという。これまで、出土品以外の墨書木簡では正倉院(奈良市)に伝わる8世紀のものが知られていた。

 今回の木簡には米俵を売り銀か布に代えたという物品の売買記録や漢詩の習書などを記述。「善満尼」や「上法尼」の尼僧とみられる名前も記した木簡もあり、法隆寺の隣接した尼寺の中宮寺との関連も指摘される。

 渡辺晃宏・奈良文化財研究所都城発掘調査部副部長は「木簡が伝来されることは珍しく、これまでにない貴重な資料。7世紀には、役所だけでなく寺の中でも木簡が日常的に使われたことが分かる」としている。

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド