考古学

古代遊戯「かりうち」に使用か - ユンノリ遊具に似た形/平城宮跡出土・棒状の木製品

「かりうち」の「かり」とみられる木製品=奈良文化財研究所提供 拡大
盤面に使われたとみられる土器片=奈良文化財研究所提供 拡大

 平城宮跡(奈良市佐紀町など)から出土した奈良時代後半の棒状の木製品が、韓国の盤上遊戯「ユンノリ」に似た古代の遊戯「かりうち」に使われた可能性があることが、奈良文化財研究所の小田裕樹研究員の研究で分かった。双六(すごろく)のサイコロのように振り、駒の進む目を決めた遊具と推定。出土場所は宮城の警護を担当した「衛府」などの役所があった東方官衙(かんが)地区で、役人が勤務の合間に遊戯に興じていたと考えられる。研究成果は「奈良文化財研究所紀要2016」に掲載された。

 ユンノリは双六に似た遊戯で、4本の木片を使って表裏の組み合わせで駒が進む目を決める。万葉集には「折木四」や「切木四」と書いて「かり」と読む四本の木片を連想させる文字があり、同様の遊戯が古代日本でも普及していたと推定。「かり」を「うつ」という意味で「かりうち」と呼ばれていた。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド