考古学

日本と同じ工人製作か - 中国出土の三角縁神獣鏡

中国で見つかった三角縁神獣鏡(西川寿勝さん提供) 拡大
現地での調査を報告する西川寿勝さん=24日、京都市中京区のハートピア京都 拡大

 中国・洛陽市で見つかった、「三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)」について、大阪府教育委員会文化財保護課の西川寿勝副主査が日本人研究者として初めて調査した結果、日本出土の同鏡と同じ工人が製作した可能性が高いことが分かった。24日、京都市内で開かれた研究会で報告した。同鏡は、邪馬台国の女王・卑弥呼に与えられた「銅鏡百枚」とする説もあるが、これまで中国では未発見だった。国産説もある同鏡の製作地や邪馬台国の所在地の論争に一石を投じそうだ。

 今回、調査された鏡については、河南省在住の収集家で研究者の王趁意さんが昨年、地元の研究誌「中原文物」で論文を発表。ただ、発掘調査で発見された鏡ではなく、出土地など詳細が分からないため、真偽も含めて議論になっていた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

プロ野球・金子侑司選手の公式本

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介