社会

“近大マグロ”の解体ショー人気 - 奈良キャンパスで「飛鳥祭」

約50キロもの大きなクロマグロを手早く解体する調理師ら=2日、奈良市中町の近畿大農学部 拡大

 奈良市中町の近畿大学農学部キャンパス(奈良キャンパス)で2日、開催中の農学部祭(飛鳥祭)の関連行事「近大生まれのマグロ解体ショー」が開かれ、地元住民ら約1000人が無料配布された同大の養殖マグロの刺し身を味わった。

 同日朝、約50キロのマグロを和歌山県白浜町の同大水産研究所から、同キャンパスに運搬。同大食堂の調理師2人が、あざやかな手さばきで解体を進め、詰め掛けた人々の目をくぎ付けにした。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド