総合

体験型宿泊施設に - 安堵の旧富本憲吉記念館

宿泊施設として生まれ変わる旧富本憲吉記念館=安堵町東安堵 拡大

 平成24年に閉館した安堵町東安堵の旧富本憲吉記念館が、宿泊施設として生まれ変わることが14日、分かった。現施設を改修し、来年7月をめどに体験型宿泊施設としてオープンする。地元の食材を使った料理の提供や地場産品を使ったブランド開発も検討しており、今後、詳細を詰めていく。

 同館は、町出身の陶芸家で第1回重要無形文化財保持者(人間国宝)の富本憲吉(1886~1963年)の生家を改修して和49年に開館。しかし、来館者の減少で平成24年に閉館した。その後、土地と建物は競売に出され、昨秋、公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボ(奈良市)が取得していた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第3回入江泰吉記念写真賞受賞記念「真鍋奈央『波を綴る』展」/入江泰吉写真展「奈良の世界遺産」

真鍋奈央の作品
提供元:入江泰吉記念奈良市写真美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報