歴史文化

出土瓦に「飛」の文字 - 創建時からの呼称か/飛鳥寺

飛鳥寺創建時に使われた可能性がある「飛」の文字が刻まれた平瓦(奈良文化財研究所提供)
 奈良文化財研究所は10日、6世紀末に創建された国内初の本格寺院、飛鳥寺(明日香村)出土の瓦から、創建時に使ったとみられる文字瓦が見つかったと発表した。「飛」と書かれた瓦は飛鳥寺を意味すると考えられ、創建時から「飛鳥寺」と呼ばれていた可能性を示す資料となりそうだ。

 昭和31年以降、同寺の発掘調査で出土した瓦を調べ、11点の文字瓦を確認。うち平瓦6点の文字が判読できた。

 「飛」とヘラ描きされた瓦片は縦10センチ、幅11センチ。瓦製作時の調整の特徴から、同寺創建時のものと考えられる。下に「鳥」の字があったかは不明だが、「飛」と書かれた木簡の例から、1字で飛鳥寺を意味する可能性があるという。

 同寺は「飛鳥寺」「法興寺」として日本書紀に登場。書紀の成立は奈良時代で、創建時に「飛鳥寺」だった証拠にはならない。木簡では、7世紀後半に「飛鳥寺」が使用されていたことが分かっている。

 調査成果は6月末刊行予定の「奈良文化財研究紀要2015」に掲載。瓦は9月13日まで、橿原市木之本町の奈文研藤原宮跡資料室で展示される。午前9時~午後4時30分。観覧無料。

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ