総合

一部保存求める声 - 猿沢池南の樹木伐採

県が伐採を含めた植栽整備を計画している猿沢池南側の状況。左端は猿沢池=奈良市 拡大

 奈良公園(奈良市)の整備・保全事業の一環として県が進めている植栽計画で、景観を阻害しているとして県が伐採を予定する猿沢池の南側の樹木について、地元から一部の残存を求める声が上がっている。県は予定通り、近く伐採に着手する構えだが、「伐採対象となっている樹木の来歴をあらためて調べるなどし、価値が認められれば切らずに残すこともあり得る」(県奈良公園室)としている。

 伐採の対象となっているのは、クスノキやイチイガシなどの常緑広葉樹を中心とした約50本。一方でクロマツやサクラ類、イロハモミジを新たに植える計画だ。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介