社会

弥生最大級の打製石剣 - 唐古・鍵遺跡18日から公開

唐古・鍵遺跡で出土した弥生時代最大級の打製石剣=16日、田原本町阪手の唐古・鍵考古学ミュージアム

 田原本町教育委員会は16日、弥生時代を代表する環濠(かんごう)集落跡、同町の唐古・鍵遺跡で、弥生時代最大級の打製石剣が見つかったと発表した。打製石剣は18日から始まる唐古・鍵考古学ミュージアム(同町阪手)の春季企画展で公開される。

 集合住宅の建設に伴い、何重にも環濠が掘られた集落北西地域約470平方メートルを昨年秋に調査。打製石剣は弥生時代中期後半(約2千年前)の溝から出土した。…

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

新シリーズ「ビオレ ザ ハンド」2点セット

プレゼント写真
提供元:花王
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ