歴史文化

古墳壊し大極殿院造営 - 藤原宮跡に「周濠」跡

大極殿院造営時に破壊されたとみられる古墳の周溝=6日、橿原市高殿町の藤原宮跡

 橿原市高殿町の藤原宮(694~710年)跡で、宮の中心に位置する大極殿院が古墳を破壊して造られていたことが分かった。奈良文化財研究所が6日、発表した。奈文研は「宮造営の一過程を知る重要な手掛かり」としている。

 大極殿院内庭と呼ばれる広場のうち、藤原宮中軸線に近い同院南門の北側1450平方メートルを4月から調査。弧を描くような溝を南北約15メートルにわたって確認した。…

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ