社会

実現へ利用呼び掛け - 奈良交通新路線

試験運行中のバスを利用する住民=18日、奈良市三松ケ丘 拡大

 県内で赤字バス路線の廃止が続く中、奈良市西部の住宅地、同市三松ケ丘と近鉄富雄駅を結ぶ奈良交通の新路線の試験運行が行われている。期間は9月の平日20日間。11日までの中間報告は、同社が採算ベースとして提示した乗降者数「1便10人程度」をわずかに下回っている。

 高齢化が進む住宅地にバス乗り入れを実現しようと活動している三松ケ丘自治会バス対策委員会(冨宅牧子委員長)は「今、車を運転している人も、いずれバスがあって良かった、と思う時が来る。ぜひ、残りの期間、積極的にバスを利用して」と呼び掛けている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「復興を支える地域の文化」展の招待券

地域の復興を後押しする郷土芸能―鵜鳥神楽(国立民族学博物館提供)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報