社会

厳かに「来迎柱」除幕 - 生駒・長福寺本堂で立柱式

大矢住職らによって営まれた立柱式=11日、生駒市俵口町の長福寺 拡大
彩色画が描かれた柱を見る見学者=11日、同 拡大

 約110年ぶりの解体修理が進む生駒市俵口町の長福寺の本堂(国重要文化財)で11日、立柱式が営まれ、寺院や工事関係者ら約50人が出席した。

 長福寺本堂は鎌倉時代前期の創建とされ、地盤が緩んで柱が沈下したため、同寺の委託を受けた県文化財保存事務所が平成24年9月から解体修理を行っている。総事業費は約3億円、完成は28年7月の予定。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「姿の美、衣装の美…肉筆浮世絵」の招待券

プレゼント写真
提供元:県立美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報