社会

似顔絵をサービス - 精神障害者働く生駒のパン工房

出来上がった似顔絵を手にする来店者=10日、生駒市本町のパン工房ひだまり
 生駒市本町のパン工房ひだまり(山口健一所長)が10日、「秋の似顔絵キャンペーン」を実施した。大阪市立デザイン教育研究所の学生3人が来店者の似顔絵を描き、親子連れらを喜ばせた。

 同工房は社会福祉法人萌(大和郡山市)が運営する精神障害者の社会参加の場。「障害者施設である前に『街のパン屋』であること」を目指し、「産官学」に福祉を加えた「産官学福」連携で、おいしさ▽安心・安全▽やさしさ―を追求している。現在、20~60歳代の利用者27人が、職員5人とパン製造や販売など得意分野を生かして働いている。

 同キャンペーンは地域貢献と販売促進が目的。NPO法人チャレンジ企業支援隊(馬場英彦副理事長)がコーディネートした。

 同研究所1年の秋山果穂さん(19)は「利用者さんの障害を意識することは特になかった。お客さまが喜んでくれてうれしかった」と話した。

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ