社会

平城宮跡に雷センサー - にぎわいづくり実行委が設置

平城京歴史館の前に設置された雷センサー「雷ミハリ番」=5日、奈良市二条大路南4丁目 拡大

 県や奈良市などでつくる「平城宮跡にぎわいづくり実行委員会」は、奈良市佐紀町などの平城宮跡で、落雷の危険性を知らせる雷センサー「雷ミハリ番」の試験運用を始めた。半径10キロの範囲の雷雲を検知し、安全管理担当者にメールで知らせるシステム。落雷事故防止のため、同宮跡でのイベントの際に実施の可否や避難などの判断基準の一つとして利用する。

 雷ミハリ番は避雷機器のメーカー「音羽電機工業」(兵庫県尼崎市)が製造、総合コンサルティング会社「具現化」(大阪市)が総代理店を務めてレンタルサービスを実施。先月下旬、同宮跡に隣接する平城京歴史館前(同市二条大路南4丁目)に設置された。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

人気小説「利き蜜師物語」の最終巻

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド