総合

巨大磨崖碑〝化粧直し〟 - 土倉庄三郎顕彰

絶壁にザイルを垂らして文字を塗り直すロッククライマー=川上村大滝 拡大

 明治時代に国内外で活躍し「造林王」と呼ばれた川上村の林業家、土倉(どぐら)庄三郎(1840~1917年)をたたえる同村大滝の磨崖(まがい)碑(村文化財)が、6年ぶりに塗り直された。吉野川右岸の鎧(よろい)掛け岩と呼ばれる高さ約40メートルの絶壁に、1文字1・8メートルの大きさで「土倉翁造林頌徳記念」と刻まれている。土倉の功績をしのび、大正10(1921)年に完成した。75日間で延べ330人が従事したという。

 今回の塗り直しは、土倉の顕彰に取り組む同村のNPO法人「芳水塾」(古瀬順啓理事長)が実施。7月25日から27日にかけて、住民グループ「川上村の自然を愛する会」(池田祐夫代表)のロッククライミング愛好家延べ31人が作業にあたった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「歌麿とその時代展」の招待券

喜多川歌麿「青楼三美人」 錦絵大判 寛政4―5年ごろ(1792―93ごろ)
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介